体脂肪率

肥満(obesity)の状態というのは当たり前のことながら食生活の質や運動不足が因子になっていますが、内容量の変わらない食事だったとしても、短時間で食べ終わる「早食い」をしていれば体重過多に陥っている肥満(obesity)の状態を招きやすくなると言われています。
体脂肪の量(somatic fat volume)には変化が見られないのに、体重が食事や排尿等で短時間で増減するような場合、体重が増加したら体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)は下がり、体重が減れば体脂肪率が高まります。
食事をするときは、次に食べようと思った物をなんとなく口に運んで約20回噛んで嚥下して終わりだが、その後も人体は実によく機能して異物を体に取り入れるように励んでいるのだ。
世界保健機関は、人体に有害な紫外線A波の著しい浴び過ぎが皮ふ病を招くとして、19歳未満の若い人がファッション感覚で日サロを利用することの禁止を広く世界中に勧めています。
学校や幼稚園など大勢での集団行動をする際に、花粉症が主因でクラスのお友達と一緒に明るく動けないのは、本人にとって悲しい事でしょう。
感染症のポリオを予防する不活化ポリオワクチンは、今までの生ワクチンにかわり、平成24年9月以降は原則無料で接種することができる定期接種となるため、集団接種ではなく病院などで接種してもらうスケジュール管理の必要な個別接種の形に変わります。
薬やアルコール、合成乳化剤を始めとした食品への添加物などを特殊な酵素によって分解して無毒化する作用のことを解毒(げどく)と称し、多機能な肝臓の主要な役目の一つなのです。
HIV(ヒト免疫不全ウイルス)を含んだ血液、精液をはじめ、母乳や腟分泌液といった類の体液が、看病する人などの傷口や粘膜部分等に触れることで、HIVに感染する危険性が大きくなってきます。
季節性インフルエンザワクチン(seasonal influenza vaccine)では、これまでの膨大な研究の結果、ワクチンの予防効果を期待できるのは、ワクチン接種日の約2週後から約5カ月程度だろうと言われているようです。
臓器である前立腺は活動や成長に雄性ホルモン(男性ホルモン)が大きく関係しており、前立腺のがんも同様に、アンドロゲン(男性ホルモン)によって大きくなってしまうのです。
3つのアミノ酸から成るグルタチオン(Glutathione、GSH)には、細胞の機能を低減したり変異を誘発する悪影響を及ぼす物質を体の内側で解毒し、肝臓の性能を強化するような働きが明らかになっているのです。
自動体外式除細動器(AED)は医療従事者ではない非医療従事者でも利用する事のできる医療機器で、機器から発せられる音声ガイダンスの指示通りに手当することで、心室細動に対しての緊急処置の効き目をみせます。
「肝臓の機能の悪化」は、血液検査項目のGOT(AST)やGPT(ALT)、γ-GTP(γ-グルタミルトランスペプチダーゼ)等3種類の値によってモニターできますが、近頃肝機能が減衰している人数がだんだん増えているそうです。
トコトリエノールの機能の中では抗酸化効果が最も知られていますが、それ以外に肌をきれいにする効果や、血清コレステロールの産生を抑えるということが言われています。
BMI(体重指数を計算する式はどこの国も一緒ですが、数値の評価レベルは国ごとにそれぞれ少しずつ違い、一般社団法人日本肥満学会(JASSO)ではBMI22を標準体重とし、25以上だと肥満、18.5未満であれば低体重と決めています。