ストレス

ストレスがかかり、蓄積してしまう論理や、手軽で有用なストレスのケア方法など、ストレスにまつわる基本的な知識を勉強している人は、現時点ではまだ少ないようです。
シルバー世代の人や慢性疾患を患っている人は、ことさら肺炎に罹りやすくすぐには治りにくいと言われているので、事前に予防する意識やスピーディな治療が重要だといえます。
吐血(とけつ)も喀血(かっけつ)も口から血を吐くことに違いはありませんが、喀血とは喉から肺を繋ぐ気道(きどう、呼吸器)から出血する症状で、吐血とは十二指腸(無腸間膜小腸)より上部の消化管から血が出る状態を言い表しています。 Continue reading “ストレス”

体脂肪率

肥満(obesity)の状態というのは当たり前のことながら食生活の質や運動不足が因子になっていますが、内容量の変わらない食事だったとしても、短時間で食べ終わる「早食い」をしていれば体重過多に陥っている肥満(obesity)の状態を招きやすくなると言われています。
体脂肪の量(somatic fat volume)には変化が見られないのに、体重が食事や排尿等で短時間で増減するような場合、体重が増加したら体脂肪率(body fat percentage、percent of body fat)は下がり、体重が減れば体脂肪率が高まります。 Continue reading “体脂肪率”

血糖値

食べ過ぎ、体重過量、喫煙、運動不足、心身両面のストレス、高齢化などの複数の原因が集まると、インスリン分泌が衰えたり、機能が低下したりして血糖値が高くなる2型糖尿病(ICD-10:E11)を発病するのです。 Continue reading “血糖値”